Column

コラム

  1. AV女優・モデル求人募集ならAVプロダクションのNAX(ナックス)
  2. コラム
  3. AV女優になって後悔する事例5選|安心できるプロダクションも紹介

お悩み解決

AV女優になって後悔する事例5選|安心できるプロダクションも紹介

AV女優は短期間で高収入が得られたり、一躍有名になれたりするなどのイメージを抱く人が多い仕事です。しかし、AV女優の中には「出演してよかった」と思う人がいる一方で、「AVに出なければよかった」と後悔する人も一定数います。

今回は、AV女優になって後悔することになった事例を5つ紹介します。安心・安全に働くことができるプロダクションを選ぶポイントも紹介するため、AV女優として働くことを検討している人はぜひ参考にしてください。

 

1.AV女優になって後悔する事例5選

有名なAV女優は美しい女性が多く、中には驚くほどの人気を誇る人がいます。しかし、華やかなイメージとは裏腹に、AV女優になったことを後悔する人も中にはいます。

AV女優の華やかな部分にだけつられて後悔しないためにも、どのような点に気を付けるべきかを理解しておきましょう。まずは、AV女優になって後悔する事例を5つ紹介します。

 

1-1.家族や知人に顔バレをした

AV女優になったことを後悔する理由として、最も多い理由が周囲への顔バレです。AV女優は職業柄、性的なイメージがつきまといます。相手によっては「軽い女」「性欲が強い女」といったような偏見を持たれることが少なくありません。

AV女優からすれば、仕事として行っているにもかかわらず、作品を見た人からは個人の好みで行っていると誤解されるケースもあります。周囲の人がAV女優に対して強い偏見を持っている場合は、下記のようなトラブルが起こる恐れがあります。

  • 友人・知人と距離感ができた
  • 恋人や夫から別れを告げられた
  • 家族から縁を切られた
  • 職場に居づらくなった
  • 職場でセクハラ被害を受けた

AV女優になる際は、周囲の人たちがAV女優に対して偏見を持っていないか確認することが大切です。

 

1-2.出演した作品がネット上で半永久的に残ってしまった

AV女優として出演した作品が一度でもネット上に公開されると、完全に削除することは困難です。日本はもちろん、世界中で画像や映像が視聴され続けることとなります。

プロダクション・メーカーへ相談すれば、販売中の作品に対して販売停止申請を行うことは可能です。しかし、販売停止申請が通っても作品が必ず削除されるとは限りません。申請自体が認められないケースもあります。

また、違法にアップロードされた作品の場合は、削除→再アップロードの繰り返しとなるため、出演した作品をネット上から根絶することはほぼ不可能です。

AV女優になる際は、引退した後であっても自分が出演した作品が半永久的に世の中で残り続けることを忘れないようにしましょう。

 

1-3.思っていたより稼げなかった

一般的な仕事に比べればはるかに高い報酬ではあるものの、自分の稼ぎと有名AV女優を比較して割に合わないと感じる人も多くいます。一見華やかに見えるAV女優の仕事は、誰でも高収入を得られると誤解されやすい傾向です。

売れっ子のAV女優となれば、1本数十万~数百万円を稼げる人もいますが、1本数十万円以上もの高単価が得られる人は、AV女優の中でも一握りです。

AV女優の収入は以前と比べて安くなっています。顔バレを避けようと思えば、さらに低い単価の仕事が多くなる傾向です。

 

1-4.思っていたより楽しくなかった

AV女優は、思っていたよりも高レベルの演技力や容姿が求められたり、好みではないプレイを要求されたりするなど、イメージしていたよりも楽しめない可能性があります。AVの撮影の中には、半日近く拘束される現場も珍しくありません。

一般的なTV撮影と同じように、一つのシーンを別角度から何度も撮影します。もちろん撮影中のほとんどはセックスシーンが続くため、少なからず心身に負担がかかります。AV女優を始める前に、仕事内容や大まかな撮影の流れを理解しておきましょう。

 

1-5.AV業界から転職するときに世間の目が気になった

一般的な会社のほとんどは、転職者に対して履歴書の提出や面接を求めます。AV女優を本職として働いていた人の中には、職務履歴の記入内容や面接の受け答えに困る場合が多い傾向です。また、一般企業に転職した後も、次の職場で周囲の目が気になる人は少なくありません。

ゆくゆくはAV業界以外の業界への転職を検討している人や、世間の目が気になりそうと感じる人は、顔出しを控えるなど、身バレ対策を行いながら作品に出演しましょう。また、AV業界と似たような職種であれば、比較的転職が受け入れやすい傾向です。

さらに人気AV女優の中には、AV出演だけでなく、トップモデルとして活躍する人もいます。そのため将来的には努力次第で、芸能界などへの進出も視野に入れることが可能です。

 

2.後悔を気にするなら一度AV女優でなければダメなのか検討しよう

「AVに出演して後悔したらどうしよう」と思うのであれば、本当に「AV女優でなければならないのか」をじっくりと考えてから決断すべきです。

例えば、「有名になりたい」「短時間で高収入を得たい」と考える場合、テレビやネット動画への出演やキャバクラなどの職業もあります。また、現在AV女優は供給過多の傾向にあるため、ある程度の容姿がなければ大きな活躍は困難です。

下記に、AV女優に向いている人の特徴です。自分がどの程度あてはまるかをチェックしましょう。

  • 容姿・スタイルに自信がある
  • セックスが好き
  • セックスを人に見られることが好き(抵抗がない)
  • 他人の視線や意見はさほど気にならない
  • 風俗よりも性病リスクの低いところで働きたい
  • 不特定多数の相手を接客したくない
  • お酒が苦手なためキャバクラなどは避けたい

上記の項目を確認したうえで「挑戦してみたい」と思う人は、AV女優として後悔なく活動できる可能性が高い人です。安全に働くためにも、信頼できるプロダクションを探すことをおすすめします。

 

3.安心・安全に働けるAV女優のプロダクションを選ぶ2つのポイント

AV女優になって後悔しないためには、サポート体制が充実したプロダクションを選ぶことが大切です。各プロダクションでは、女性スタッフ在籍・アリバイ対策サポートなど、それぞれ独自のサポート体制があります。

以下では、安心・安全に働くための「AV女優のプロダクションの選び方」を2つ紹介します。

 

3-1.身元がバレない対策ができるか

「AV女優として働きたいけれど、できる限り身元はバレたくない」と考える人は、アリバイ対策をしっかり行ってくれるプロダクションを選びましょう。例えば、下記のような対策を行ってくれるプロダクションは比較的顔バレ率が低くなります。

  • 芸名のみでAV出演できる
  • 芸名もクレジットなしでAV出演できる
  • 顔出しなしでもAV出演できる
  • 企画女優として活動できる
  • プロフィールの情報を上手にごまかしてくれる
  • 身元がバレないための対策を教えてくれる

プロダクション側の対策も大切ですが、本人の不注意が原因でバレるケースも少なくありません。うっかり口を滑らせたり金遣いが荒くなったりしないように、自分でも十分に注意しましょう。

 

3-2.自分の希望内容に合った仕事のみを引き受けられるか

1本あたりの収入や可能なプレイなど、自分の要望に合った仕事だけを受けられるプロダクションを選びましょう。プロダクションは、AV女優に対してさまざまなタイプの仕事を提案します。あくまでも提案であるため、AV女優が「やりたくない」という仕事を強制することは許されません。

通常のプロダクションであれば、契約前の面接や打ち合わせの段階で、希望する条件やNGプレイに関する質問がされます。AV女優の意見を最優先に考慮してくれるプロダクションを選ぶことが重要です。

 

4.安心できる環境でAV女優になりたい人は「NAX」がおすすめ

AV女優として、安心・安全に働きながら高収入を稼ぎたい人は、「NAX」がおすすめです。

「NAX」では、顔バレ・身バレしたくない女優には「顔出しなし」「パッケージ写真の修正」などのアリバイ対策を行っています。また、自分の希望内容に合った仕事だけを選んだり、スケジュールの調整をしたりといった対応も柔軟に行うことが可能です。

「一度仕事をしてみて、気に入れば継続する」といったお試し感覚でも構いません。また、辞めたくなったときはいつでも辞めることができます。

初心者でも始めやすく、仕事に関する相談もしやすいプロダクションであるため、ぜひお気軽にお問合せください。

 

まとめ

AV女優は高収入を稼げる職業である一方で、一定のリスクが伴う仕事です。AV女優の仕事を検討している人は、周囲にバレたり作品が残り続けたりするリスクを考慮することが大切です。

AV女優になっても、有名になったり高収入を得たりできるとは限りません。心身にある程度のストレスがかかっても続けられるかを考え、自分の気持ちが納得できたら改めてAV女優デビューを目指すとよいでしょう。

「NAX」では、初心者でも安心した環境で働くことができる体制を整えているため、ぜひお気軽にご相談ください。

カテゴリ

LET’S

ENTRY!!

今すぐ応募する