Column

コラム

  1. AV女優・モデル求人募集ならAVプロダクションのNAX(ナックス)
  2. コラム
  3. 妊婦はAVに出演しても問題ない?妊娠中に撮影するメリットとリスク

お悩み解決

モデルのお仕事

妊婦はAVに出演しても問題ない?妊娠中に撮影するメリットとリスク

AVには、各作品に巨乳やギャルなどさまざまなジャンルが設定されています。中には、SMやスカトロなどのマニアックなジャンルも存在しており、マニアックな性癖を持つ一部の男性からは絶大な支持を受けており、需要が絶えることはありません。

そして、妊婦もののAVも一部の男性から人気のあるジャンルの一つです。そのため、妊婦の女性がAVに出演することは決して珍しい話ではありません。しかし、妊婦AVに出演するAV女優にはいくつかのリスクがあることも事実です。

そこで今回は、妊婦AVについて概要から出演のメリット・リスクまで解説します。妊婦が安心してAVに出演する方法も紹介するため、妊娠中でもAVに出演したいと考えている女性はぜひ参考にしてください。

 

1.妊婦AVとは?

妊婦AVとは、その名の通り「妊娠中の女性が出演するAV作品」のことです。妊娠中と言っても、特にお腹の膨らんだ臨月間近の女性が好まれる傾向にあります。

また、妊婦AVの中にも、出演する女性の雰囲気によって美少女・素人・ギャル・母乳などさらに細かくジャンル分けされることが特徴です。

妊娠しているAV女優は割合的にも非常に低く、一般的に妊娠中の女性は体への負担を避けるため、AV動画の撮影といった仕事はしない傾向にあります。そのため妊婦AVの撮影は希少で、決して需要は低くないことがわかります。

 

1-1.妊婦AVに出演するAV女優はどんな女性?

実際に妊婦AVを見てみると、確かにお腹の膨らんだ妊娠中の女性が出演しています。基本的にAV作品は擬似演出ややらせが多いものの、妊婦の体までを演出や特殊メイクでごまかすことは困難です。そのため、妊婦AVに出演するAV女優はまず「本当の妊婦さん」と言えるでしょう。

その中でも、もともとAV女優として活躍していた女性もいれば、妊婦になって初めてAVデビューする女性もいます。妊婦になって初めてAVに出演する女性は、人妻だけでなく経済的に困っているシングルマザーであることも多く、妊娠中の体を活かして高収入を得ています。

 

2.妊婦AVに出演するメリット

妊婦AVは、面接を行ったその日もしくは1週間以内の数日後に撮影されることが多々あります。妊娠中の女性は、ホルモンなどの影響で体調の差が激しく、問題なく体を動かして撮影できる期間が短期間に限定されることが特徴です。

そのため、なるべく短期間で撮影を済まそうと、面接当日や数日後に全ての撮影を効率良く終わらせることができます。メーカーにとっても短期間で撮影を終わらせられ、出演女性にとってもすぐに報酬が手に入ることから、双方にメリットがあると言えるでしょう。

また、前述の通り妊娠中の女性がAVに出演することは希少なため、比較的プロダクションに登録しやすく、出演もしやすいことも魅力です。

 

3.妊婦AVに否定的な声がある理由

妊婦AVを好むマニアックな男性が一定数存在する一方で、妊婦AVに対してネガティブなイメージを持つ方も存在します。基本的にはマニアックな男性がAV商品を購入するため、批判の声が多くても利益に大きな影響を与えることはありません。しかし、周囲からの目が気になるという方も多いでしょう。

ではなぜ、妊婦AVに対して否定的な声があるのでしょうか。ここからは、妊婦AVに否定的な声がある理由を2つ説明します。

 

3-1.母体信仰により反対意見が出やすい

妊婦AVに否定的な声があがる1つの理由は、「母体信仰(※)」が大きく関係します。「子どもを妊娠した女性は神秘的な存在である」という母体信仰の考えから、神聖な存在をAV作品でのアダルトな行為により汚されることに嫌悪感を抱く方も一定数存在しています。

子どもの命を宿っていながらAVに出演し、性を売り物にすることは、母性を冒涜しているとみなされるケースもあるでしょう。

※記事内で使用している「母体信仰」は「子を授かった母親の体は神秘的なものである」という考え方を指しており、いわゆるキリスト教などの協会用語として使用される「母胎信仰」とは異なります。

 

3-2.マタニティヌードとは違うとみなされる

漠然と「妊娠中の女性がAVに出演することが信じられない」と考える方は、少なくありません。

近年では、妊娠した芸能人でもマタニティ雑誌でヌード姿を公開するケースも増えました。マタニティヌードも裸の姿で撮影するため、AVの撮影と変わりないと考える方もいるでしょう。しかし、マタニティヌードとAVは大まかにカテゴリが異なるため、「それとこれとは違う」と考える方がほとんどです。

基本的に、妊婦がAVに出演することに対し批判的な声をあげているのは女性の傾向にあります。しかし、AV商品の購入や動画の再生数を伸ばしているのは主に男性であるため、無理に罪悪感を感じる必要はありません。とは言え旦那や周囲にAV出演を内緒にする場合は、知られた際にネガティブなイメージを持たれる可能性があるため、注意が必要です。

 

4.妊婦AVに出演する危険性

妊婦がAVに出演することに批判の声も一定数ある理由は、少なからず出演する妊娠中の女性の体に負担がかかるためです。妊娠中に性行為を行うことには、下記のようなリスクがあります。

  • 性感染症
  • お腹の張り
  • 不正出血

妊娠中は一時的に免疫力が落ちることとなるため、性感染症のリスクは特に注意が必要です。お腹の張りや腹痛があるときや体調不良のときは性行為を避け、性行為をするにしてもコンドームを必ず着用しておきましょう。

 

5.妊婦が安心してAVに出演する方法

妊婦がAVに出演することには、さまざまなメリットがあります。特に経済的に困っているシングルマザーなどの女性にとっては、大きな魅力を感じる仕事となるでしょう。しかし批判的な声も多く、妊娠中の性行為は少なからず体に負担をかけるため、AV出演時はいくつかの点に注意しておかなければなりません。

最後に、妊婦が安心してAVに出演する方法を3つ説明します。

 

5-1.妊婦に配慮してくれるプロダクションを選ぶ

AV女優として快適に働けるかどうかは、所属するプロダクションが大きく影響します。妊娠中にAVプロダクションに応募するのであれば、下記のような特徴を持つプロダクションがおすすめです。

  • 女性スタッフによるサポートがある
  • 妊娠中の体の状態に気を配ってくれる
  • 妊娠中にAV撮影することのリスク・ケアをしっかり説明してくれる

上記のようなプロダクションは、妊娠中の女性に対して誠実な対応をしてくれるでしょう。特に女性スタッフがいるプロダクションを選ぶことは必須と考えてください。

 

5-2.体調が不安定なときには撮影に参加しない

前述の通り、お腹が張っている・痛いときや、体調が悪いとき、さらに医師からなるべく安静に過ごすように指示されているときは、撮影を控えることが必須です。

報酬欲しさに無理をして撮影に臨むと、体を壊したり、最悪の場合胎児の状態にも何らかの影響を与えたりしてしまいます。

少しでも体調不良を感じたときは、無理せずプロダクションのスタッフに相談するなどして、撮影に参加しないようにしましょう。

 

5-3.コンドーム着用で無理のない姿勢を心がける

妊娠中にAV撮影をするときは、必ずコンドームを着用しましょう。コンドームの着用は、精液に含まれる子宮の縮小を促す作用を持つ成分の付着を防いだり、性感染症を予防したりすることに役立ちます。

また、無理な体勢を続けると体に負担をかけてしまうため、少しでも楽と感じる姿勢で撮影してもらうようにしてください。多くのプロダクションでは、基本的に妊娠中の女性の体を最大限気遣ってくれるため、きついと感じたときはすぐに相談することがおすすめです。

 

まとめ

妊娠中の女性が出演する妊婦AVは、一部の男性から絶大な評価を受けているマニアック向けのジャンルです。妊婦AVは比較的出演しやすいこと・短期間で撮影が終わることがメリットで、経済的に困っている妊娠中の女性からも人気があります。

しかし、妊娠中のAV撮影には少なからずリスクがあるため、理解のあるプロダクションに所属しましょう。モデル・AVプロダクションNAXでは、妊娠中の女性を含むさまざまな女性の仕事をサポートしています。AVだけでなく撮影会モデルの仕事もご紹介できるため、妊娠中の体を活かして幅広く活躍したいと考える方にぴったりです。気になる方は、ぜひ一度NAXにお問い合わせください。

カテゴリ

LET’S

ENTRY!!

今すぐ応募する