Column

コラム

  1. AV女優・モデル求人募集ならAVプロダクションのNAX(ナックス)
  2. コラム
  3. AV女優は年齢の壁がある?重要視される項目・見た目に合った作品も

お悩み解決

AV女優は年齢の壁がある?重要視される項目・見た目に合った作品も

AV女優と聞くと、20代前後の若い女性を思い浮かべる人は多いでしょう。一方で、販売されているAV作品を見ると、必ずしも若いAV女優だけではないことが分かります。一部の作品では実年齢と見た目年齢のギャップを活用することもあり、活躍するAV女優の年齢はさまざまです。

しかし、AV女優を目指す人の多くは、自分の年齢や見た目が通用するのか不安を感じているのではないでしょうか。

今回は、AV女優になる場合の年齢制限や、その他の条件の有無について解説します。AV女優を目指す人は参考にしてください。

 

1.AV女優に年齢制限はある?下限から上限まで解説

AV女優になることができる年齢の下限は18歳、上限は60代前後までです。しかし、18歳でも高校生は不可となっています。年齢の上限に明確な基準は設けられていないものの、60歳以上でAVに出演する女性は少ない傾向です。

AV女優は、若い年齢ほど所属できるプロダクションの選択肢が多くなります。しかし、近年は会社のイメージを損なわないために、20歳以上でなければ採用しない方針のプロダクションも多い状態です。10代でAV女優を目指す人は年齢を理由に断られることがないよう、応募するプロダクションを慎重に検討しましょう。

また、未成年にあたる10代はプロダクションとの契約にあたり親権者の許可も必要です。家族に内緒でAV女優として働きたい場合は、親権者の許可なく契約できる20代以上になるまで待つ必要があります。

 

1-1.AV女優は年齢に関係なく稼げる?

AV女優の年齢層が幅広い理由は、業界にさまざまなニーズがあるためです。若い層を好むユーザーもいれば、年齢が高い層のAV女優を求めるユーザーもいます。各ジャンルで求められる女性は異なっており、必ずしも年齢のみで稼ぐ金額が決まるものではありません。

AV業界は一般的に20代の女性が活躍する世界ではあるものの、30代以降の女性が活躍するケースも増えています。30代以降の年齢層として需要がある場合のほかに、見た目年齢が若いなど男性人気が期待できる場合もあり、年齢に関係なく活躍しやすい業界です。

実年齢を活かしたAV作品や、見た目年齢に合わせた内容のAV作品など、年齢や見た目に合った企画に出演することも多くあります。

 

2.AV女優が年齢よりも重要視される項目3つ

AVを視聴する男性の多くは、年齢よりもAV女優の見た目を重視する傾向があります。プロダクションが新しいAV女優を採用する場合も、年齢以外のポイントが重視されます。所属先を探すときは、募集元が求めている人物像と自分がマッチしているかどうかが重要です。

ここでは、AV女優が年齢よりも重要視される項目を解説します。

 

2-1.(1)エッチが好きであること

AV女優はカメラの前で全裸になり、エッチなシーンに出演することが主な仕事であるため、エッチが好きな人ほど働きやすいと言えます。

お金のためにAV女優を選択する人もいますが、エッチが好きでなければ現役として長続きしません。仕事でAV男優と濃厚な絡みをする必要があるためです。

AVに出る以上、手コキなど男性の体に触れるシーンは多くあります。エッチが好きな人は、積極的に男性と絡んだり責めたりできるため撮影もスムーズに進行できますが、苦手意識のある人が出演すると進行に支障が生じかねません。

長く働くためには、エッチへの興味が重要なポイントとなります。

 

2-2.(2)NG項目が少ないこと

NG項目が少ないことも、多くのプロダクションから喜ばれるポイントのひとつです。AV作品にはさまざまなジャンルがあり、行為内容やテーマが過激なものも含まれます。一部の行為やテーマのみに出演するAV女優と、どのようなジャンルでも出演するAV女優がいた場合、採用されやすい女性は後者でしょう。

NG項目が多い女性でも、AV女優になることは可能です。しかし、キャスティングできる作品が狭まるため、採用されても仕事を紹介してもらえない可能性があります。少しでも多くの作品に出演したい場合は、可能な限りNG項目を少ない数に抑えましょう。

もちろん、本当に苦手意識のあるプレイはNG項目に設定しても問題ありません。無理をするとかえってAV女優として働き辛くなります。

 

2-3.(3)体に傷跡・タトゥーがないこと

AV女優の採用基準は、プロダクションの傾向によってさまざまです。顔とスタイルの両方を重視する場合もあれば、顔よりもスタイルを重視したり、スタイルよりも顔を重視したりするプロダクションもあります。

いずれのプロダクションでも共通するポイントが、きれいな体を持っていることです。傷跡・タトゥーのない女性は採用されやすくなります。

体の傷跡やタトゥーがマイナス評価につながりやすい理由は、作品の視聴者となる男性の多くがAV女優に清潔感を求めるためです。傷跡やタトゥーなどはマイナスイメージにつながりやすく、目の肥えた視聴者に喜ばれにくいリスクがあります。

 

3.【見た目年齢別】AV女優に向いている作品のジャンル

年齢を理由にAV女優としての活躍を諦める必要は一切ありません。自信がない場合は、見た目年齢や需要に合った作品・ジャンルに出演すると人気を得やすくなります。

ここでは、AV女優を見た目年齢別に3つのグループに分けて、向いている作品のジャンルを紹介します。

 

3-1.【見た目年齢20~25歳】学生系・素人系

見た目年齢が学生に近い20~25歳は、初々しさやフレッシュなイメージをアピールしやすい年齢層です。学生系や素人系の企画作品を中心に需要が期待できるでしょう。若く見えるAV女優はセーラー服などの衣装も似合うため、学校をシチュエーションとした作品も出演候補に加えられます。フェチ系など特殊なものをあげると、メイド服やロリータ系、アイドル系なども含みます。

若さを売りにした作品は人気が高く、新人でも仕事のチャンスが多いことが魅力です。長くAV業界で働きたいのであれば、見た目年齢が若いうちに幅広い仕事を経験するチャンスでもあります。

 

3-2.【見た目年齢26~35歳】OL系・お姉さん系

固定ファンを抱えているAV女優が多い層が、見た目年齢26~35歳程度のOL系・お姉さん系です。学生や素人など若い女性を好む男性がいるように、お姉さん系の女性を好む層も少なくありません。

出演作品はオフィスをシチュエーションとしたOLや学校の先生、若い人妻などが主です。26~35歳程度の年齢層は、スレンダーでありつつもメリハリのある体つきをしている女性が高い人気を得ています。

初々しさを売りとする学生系の層とは反対に、大人の色香をまとった積極的なプレイが求められることが多い点も特徴です。積極的にアプローチできる女性であれば、さまざまなシチュエーションで需要が期待できるでしょう。

 

3-3.【見た目年齢35歳以上】人妻系・熟女系

見た目年齢が35歳以上の女性も、美熟女や美魔女として一定のファンがつきやすい層です。人妻系や熟女系のAV作品を中心に出演の機会があります。

見た目年齢が35歳以上の女性は、26~35歳程度の女性以上に大人の雰囲気を持っており、男性を包み込む包容力をアピールできます。若い女性にはないプレイの技巧さや大人の色香に憧れる男性も多く、人妻系は男性から人気の高いジャンルです。

さらに上の40代や60代の年齢層は熟女系や超熟女系と呼ばれ、近所の主婦役や義母役などの需要があります。熟女作品のほか、企画内容によっては若い女優と一緒に親子として出演することもあるでしょう。

 

まとめ

AV女優は出演作品を選ぶことで、40代以上の人も熟女特有の色気を活かして活躍できる仕事です。見た目年齢や条件によっては、実年齢よりも若い役で出演する機会が多くなります。

自分に合った作品で活躍したいときは、サポート体制の整ったプロダクションに所属しましょう。AVプロダクションの「NAX」なら、豊富な仕事の中から自分に最適なものを紹介してくれます。

女性スタッフも在籍しており、デリケートな悩みも相談しやすいため、年齢以外に不安を抱えている人もまずは「NAX」に相談してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ

LET’S

ENTRY!!

今すぐ応募する