Column

コラム

  1. AV女優・モデル求人募集ならAVプロダクションのNAX(ナックス)
  2. コラム
  3. 娘がAV女優だった時の親の反応は?バレる理由・理解を得る方法も

お悩み解決

娘がAV女優だった時の親の反応は?バレる理由・理解を得る方法も

AV女優という職業に興味を持っているものの、親や周囲の方にバレたくないという気持ちを持っている方も多いでしょう。実際にAV女優として活躍している女性の中でも、家族に秘密で働いているケースは多々あります。

しかし、場合によっては何らかの理由で身バレをし、AV女優であることが親にバレてしまうことも決して珍しくありません。では、どのような理由でAV女優であることがバレてしまうのでしょうか。また、親にバレてしまった場合はどのように対処すれば良いのでしょうか。

今回は、AV女優であることが親にバレる理由から、AV女優であることを理解してもらう方法、さらに親にバレることなくAV女優として活動する方法までを詳しく解説します。

 

1.親にAV女優であることがバレる理由3つ

親にAV女優であることがバレる理由はさまざまですが、多くでは「日常の何気ない行動や動作」が根本的な原因となっています。親にバレる理由は、下記の3つがよくある理由として挙げられます。

  • 出演したAVを父・兄弟に見られた
  • 生活スタイルが変わった
  • 部屋の掃除をしていたら脚本などがでてきた

ここからは、それぞれの理由を具体的に解説します。

 

1-1.出演したAVを父・兄弟に見られた

父や兄もしくは弟が個人的にAVを鑑賞していたときに、運悪くAV女優として活躍している自分を見てしまったというケースや、父や兄弟が人づてに話を聞いて知られてしまうケースは少なからずあります。

特にインターネットが普及した最近では、スマホ一つあれば簡単にAVを見ることが可能です。拡散力の高いSNSなども幅広い世代で利用されていることもあり、少しの露出で多くの知り合いに知られてしまう可能性は決して低くありません。

対策としては、「企画女優(企画モデル)として活躍する」「AV女優専用のSNSアカウントを作らない」が有効な方法です。芸名がなくメディア露出も少ない企画女優としてAV出演すれば、たとえ探りを入れられても情報の少なさを利用して疑惑のままにしておくことができます。またSNSアカウントを作成しないことによって、同一人物であることを知られるヒントを最大限なくすことも可能となるでしょう。

 

1-2.生活スタイルが変わった

これまでアルバイト・パートや正社員として働いており、比較的規則正しい生活を送っていた女性であれば、AV女優となって生活スタイルが変わったことによってバレてしまう可能性があります。

AV女優は、一般的な会社員などのように出勤時間が固定となっているわけではありません。また稼ぎやすくなったことから突然生活水準が上がったり、羽振りが良くなったりする方もいますが、このような行動は非常に怪しまれます。

仕事に出かける時間がバラバラになったり、生活水準が突然上がったりすれば、「良くない仕事をしている」と模索されやすくなるでしょう。結果としてAV女優であることがバレるケースも少なくありません。

対策としては、「なるべく今までの生活と変わりない生活を送る」ことが有効です。

 

1-3.部屋の掃除をしていたら脚本などがでてきた

AV業界では、撮影前に必ず脚本を作成します。AV女優はその脚本を見てから撮影に臨むことが基本です。脚本には撮影のスケジュールや事細かなストーリー・セリフなどの台本も記載されています。そのため、もしも家族の誰かが自分の部屋の掃除をしてくれたとき、どこからか出てきた脚本の中身を見られてしまうと一発でAV女優であることがバレてしまうでしょう。

対策としては、「脚本を誰にも見られないような位置に置いておくこと」「撮影が終わった脚本はすぐに処分すること」が有効です。AV女優の中には、そもそも自宅に脚本を含む仕事道具を持ち帰らないという方もいます。保管しておくべき脚本であっても、自宅ではない別の場所へ保管しておくことが最もおすすめです。

 

2.娘がAV女優であることがわかった時の親の反応

自分の子どもがアダルト業界で活躍しているという事実は、多くの親が受け入れがたい問題でもあります。実際に、娘がAV女優であることが判明したとき、親は下記のような反応・行動をすることがほとんどです。

〇仕事を受け入れない

娘がAV女優であることを、快くすぐに受け入れる親はそう多くはいません。たとえAV女優を続けても良いと口では言えど、心の底から応援できないと感じる親が大多数です。

〇「辞めろ」と言う

娘の仕事を受け入れられず、「絶対に辞めろ」と言う親も決して少なくありません。特に父親は、母親よりも娘がAV女優であることに大きなショックを受けやすく、半強制的に辞めさせるケースもあります。実際に、AV女優であることが親にバレたあと、すぐに引退を選ぶAV女優も多くいます。

〇縁を切る

娘がAV女優であることをきっかけに、縁を切ることを選ぶ親も少なからずいます。世間体を気にしたり、性業界に偏見を持ったりする親に多いケースです。AV女優であることを知ったあとすぐに絶縁となる場合、たとえAV女優を引退しても家庭関係を修復することは困難かもしれません。

大半の親は、娘がAV女優であることをすぐに受け入れることができないでしょう。とは言え、きちんと話し合いを重ねることによって理解を得られるケースもあります。

 

3.親にAV女優であることがバレても仕事を続けることはできる?

AV女優の中には、親公認で仕事を続けている方も一定数います。今やあらゆるメディアに引っ張りだこの人気AV女優たちも、親に認めてもらえるまでに時間がかかったと伝えています。このように、AV女優であることが親に知られても問題なく仕事を続けられる可能性は十分にあるでしょう。

では、親からAV女優であることを理解してもらう・受け入れてもらうためには、どうすれば良いのでしょうか。

 

3-1.AV女優であることを親から理解してもらうためには?

AV女優であることを理解してもらうために最も重要なのは、親ときちんと話し合いを重ねることです。なぜAV女優として活躍しようと考えたのかはもちろん、AV女優として活躍したその先のビジョンもともに伝えましょう。

このとき、「ただ単純にお金が欲しいから」「興味のある仕事だったから」という漠然な理由ではなかなか理解してもらうことはできません。生涯続けられる仕事ではない分、自分の中の目標や区切りも出して、仕事に対する熱意や本気度を伝えることが大切です。

ただのお遊びでしているわけではないこと、周りからどのような目で見られるかを十分に覚悟したうえで選択した仕事であることを伝えることで、親は「それだったら理解してあげよう」という気持ちにもなれるでしょう。

 

4.親にバレることなくAV女優として活動する方法

親公認となればさらに活躍の幅は広がりますが、仕事柄、なるべく誰にもバレずに仕事を続けたいものです。親にバレることなくAV女優として活動するためには、親だけでなく周囲に自分がAV女優であることを話さないようにしましょう。

どれだけ仲が良くて信頼できる友人であっても、誰か一人に伝えるだけでバレるリスクは格段と上がります。AV女優は顔出しが基本となるため、もしも噂が立ったことにより模索されて、出演作品を閲覧されたときは、疑惑が確信に変わる可能性が高まるでしょう。

また、出演作品からの身バレを防ぐためにも、AVメーカーと直接契約をする単体女優ではなく、主に企画作品に出演する企画女優としてAVデビューしましょう。メディア露出の多い単体女優の場合、身バレは防げないと言っても過言ではありません。

そして次に重要なのが、顔バレ対策のサポートも充実しているAVプロダクションに所属することです。AVプロダクションの「NAX」は、所属する女性の顔バレ・身バレ対策を徹底的に行っています。

「AV女優として活躍したいけど、周りには絶対に知られたくない」という方は、ぜひ一度NAXに応募してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

AV女優であることが親にバレる理由は、主に「出演したAVを家族に見られた」「生活スタイルや生活水準が突然変わった」「部屋から脚本や仕事道具が出てきた」の3つです。しかし、これらの原因は日々の行動に気を付けるだけで防ぐことができます。

また、AV女優の中には親公認で仕事を続けている方も多く存在します。そのため、たとえAV女優であることが親に知られてしまっても仕事を続けることは決して不可能ではありません。

とは言え、なるべく誰にもバレずにAV女優の仕事を続けたいという方も多いでしょう。そのような場合は、身バレ対策が万全なAVプロダクションへの所属が最もおすすめです。ここまでの内容を参考に、ぜひサポート体制の充実した「NAX」にご応募ください。

カテゴリ

LET’S

ENTRY!!

今すぐ応募する