Column

コラム

  1. コラム
  2. 娘がAV女優だった時の親の反応は?バレる理由・理解を得る方法も
投稿日: 更新日:

お悩み解決

娘がAV女優だった時の親の反応は?バレる理由・理解を得る方法も

AV女優という職業に興味を持っているものの、親や周囲の方にバレたくないという気持ちを持っている方も多いでしょう。実際にAV女優として活躍している女性の中でも、家族に秘密で働いているケースは多々あります。

しかし、何らかの理由でAV女優であると親にバレてしまうことも決して珍しくありません。

今回は、AV女優であることが親にバレる理由から、AV女優であることを理解してもらう方法、さらに親にバレることなくAV女優として活動する方法までを詳しく解説します。

AVプロダクション「NAX」のAV女優のお仕事についてはこちら

 

1.親にAV女優であることがバレる理由7つ

親にAV女優であることがバレる理由はさまざまですが、多くは「日常の何気ない行動や動作」が根本的な原因となっています。親にバレる理由は、下記の7つがよくある理由として挙げられます。

  • 出演したAVを父・兄弟に見られた
  • 生活スタイルが変わった
  • 部屋の掃除をしていたら脚本などがでてきた
  • 通帳を家族に見られた
  • 仕事に関するメッセージを怪しまれた
  • SNSアカウントからバレた
  • 確定申告からバレた

ここからは、それぞれの理由を具体的に解説します。

 

1-1.出演したAVを父・兄弟に見られた

父や兄もしくは弟が個人的にAVを見ていたときに、運悪くAV女優として活躍している自分に気づいたというケースや、父や兄弟が人づてに話を聞いて知られるケースは少なからずあります。

特にインターネットが普及した最近では、スマホがあれば簡単にAVを見ることが可能です。拡散力の高いSNSなども幅広い世代で利用されていることもあり、少しの露出で多くの知り合いに知られてしまう可能性は決して低くありません。

対策としては、「企画女優(企画モデル)として活躍する」が有効な方法です。芸名がなくメディア露出も少ない企画女優としてAV出演すれば、たとえ探りを入れられても情報の少なさを利用して疑惑のままにしておけます。

AV女優が身バレする原因は?身バレしやすい人の特徴・対策も解説

 

1-2.生活スタイルが変わった

これまでアルバイト・パートや正社員として働いており、比較的規則正しい生活を送っていた女性であれば、AV女優となって生活スタイルが変わったことによってバレてしまう可能性があります。

AV女優は、一般的な会社員などのように出勤時間が固定となっているわけではありません。また稼ぎやすくなったことから突然生活水準が上がったり、羽振りが良くなったりする方もいますが、このような行動は非常に怪しまれます。

仕事に出かける時間がバラバラになったり、生活水準が突然上がったりすれば、「よくない仕事をしている」と思われやすくなるでしょう。結果としてAV女優であることがバレるケースも少なくありません。

対策としては、「なるべく今までの生活と変わりない生活を送る」ことが有効です。

 

1-3.部屋の掃除をしていたら脚本などがでてきた

AV業界では、撮影前に必ず脚本を作成します。AV女優はその脚本を見てから撮影に臨むことが基本です。脚本には撮影のスケジュールや事細かなストーリー・セリフなどの台本も記載されています。そのため、もしも家族の誰かが自分の部屋の掃除をしてくれたとき、どこからか出てきた脚本の中身を見られてしまうと一発でAV女優だとバレてしまうでしょう。

対策としては、「脚本を誰にも見られないような位置に置いておくこと」「撮影が終わった脚本はすぐに処分すること」が有効です。AV女優の中には、そもそも自宅に脚本を含む仕事道具を持ち帰らないという方もいます。保管しておくべき脚本であっても、自宅ではない別の場所へ保管しておくことが最もおすすめです。

 

1-4.通帳を家族に見られた

家族が通帳を見た際、高額の入金履歴について疑問に思ったことをきっかけとしてバレるケースもあります。

AV女優の給与は手渡し・銀行振込の2種類が基本です。最近では銀行振込で給与を支払うプロダクションが多く、その場合は毎月2回に分けての振込となります。

企画単体女優として働けば、1か月の入金額の合計が100万円を超えることも珍しくありません。通常のバイトやパートなどの働き方で高額な給与を得るのは難しいため、問い詰められたら言い逃れできないでしょう。

給与を銀行振込で受け取る際は、「自分名義で給与振込の専用口座を用意する」のがおすすめです。給与振込日の確認以外では通帳を使用せず、普段は家族に見つからない場所に保管するのが賢明です。

 

1-5.仕事に関するメッセージを怪しまれた

AV女優として働く場合、プロダクションやマネージャーとLINEなどを通してやり取りすることも少なくありません。仕事に関するメッセージを見た家族に怪しまれ、AV女優として働いている事実がバレてしまう人もいます。

親と過ごしている時にプロダクションやマネージャーからメッセージが届くと、待ち受け画面に表示されたメッセージ通知を見られる可能性もあります。個別設定でメッセージ通知をオフにしたり、登録名を友達の名前などに変更したりしておくのがおすすめです。

また、日頃から親にスマートフォンをチェックされている人や、スマートフォンの契約が親名義になっている人は、特に注意が必要です。「2台目の仕事専用スマートフォンを自分名義で契約し、普段は隠しておく」のがよいでしょう。

 

1-6.SNSアカウントからバレた

AV女優としてのSNSアカウントを作っている人は、アカウントに載せている写真やプロフィールなどから親バレする可能性もあります。

多くの親は自分の子供がAV女優デビューしているとは思っていないため、たとえ子供に似たAV女優を見つけても「子供に似ている人だな」という印象を抱くのみです。しかし、念のためにSNSアカウントを検索された結果、写真やプロフィール内容から「自分の娘である」という確信につながるケースもあるでしょう。

実際に、SNSアカウントのフォロワー増加をきっかけとして親にアカウントページを見られ、AV女優であることがバレたという事例もあります。

AV女優としてのSNSアカウントを運用している人は、「写真を加工して雰囲気を変えたり、プロフィール内容にフェイクを入れたりする」のが有効です。

 

1-7.確定申告からバレた

親の扶養に入っている場合、確定申告により扶養控除から外れることで、AV女優として働いている事実がバレる可能性もあります。

AV女優としての年収が103万円を超えると親の扶養控除の対象外となり、親が勤務先で扶養を外すための変更手続きをしなければなりません。隠していても親のもとに扶養を外れる旨の通知が届いて結局はバレてしまうため、年収が103万円を超えたら自分から説明するのが賢明です。

説明の際はAV女優として働いている事実は隠しつつ、アルバイトなどで103万円以上の収入を得たと伝えるのがよいでしょう。ただし、収入明細を見せてほしい、などと言われる可能性もゼロではありません。可能であればAV女優としてデビューする前に「アルバイトを頑張るので扶養から外してほしい」などと頼むのがおすすめです。

AVプロダクション「NAX」のAV女優のお仕事内容についてはこちら

 

2.娘がAV女優であることが分かった時の親の気持ち

自分の娘がAV女優であると知った親は、AV女優としての仕事を受け入れられなかったり、辞めるよう促したりするのがよくあるパターンです。中には娘の気持ちを汲み取って受け入れてくれる親もいますが、最初は認めてもらえずに親子関係が悪くなるケースがほとんどです。

ここでは、娘がAV女優であると分かった時の親の反応・気持ちについて詳しく解説します。

 

2-1.母親の気持ち

娘がAV女優である事実を知った母親の多くは、娘の仕事を簡単には受け入れられません。直接辞めるよう促すことはなくとも、「可能であれば辞めてほしい」「心の底からは応援できない」と感じる母親が多いでしょう。

実際にAV女優として働く女性の経験談として、AV出演への拒否感が強い母親から、現在でもAV女優の仕事を許してもらえていないという例があります。極端なケースでは、完全に縁を切られた、親子関係を断つと言われた例も存在します。

中には「自分で決めたことなら応援する」と口にしたという事例もありますが、後に「ショックだった」と思いを語っており、受け入れるのは容易ではありません。

 

2-2.父親の気持ち

父親は母親以上にAV女優としての活動に拒否感を示しやすく、娘がAVに出演していることを受け入れられない・許せないと感じる人がほとんどです。また、業界に対して不安を抱いている人も多く、「娘がだまされたのではないか」「契約を盾に出演を強要されたのではないか」と思うケースもあります。

娘がAV女優である事実を知った父親は、叱責したり、半強制的に辞めさせようとしたりする場合も見られます。一人暮らしでAV女優として働いている場合は、実家に帰ってくるよう説得されるケースも少なくありません。

実際に父親にAV出演がバレた事例では、女性が一人暮らししている家に父親が訪れ、すぐにAV女優を辞めるように叱責したという例もあります。ほかには、「娘が決めた道なら仕方ない」と受け入れようとしてくれたと語るAV女優もいます。

AVプロダクション「NAX」のAV女優のサポート体制についてはこちら

 

3.親にAV女優であることがバレても仕事を続けることはできる?

最近ではAV女優に対する偏見が弱まっていることから、子供のAV女優としての仕事をある程度認めてくれる親も存在します。そのため、AV女優の中には、親公認で仕事を続けている方も一定数います。

親公認で働いているAV女優たちの経験談は、以下の通りです。

最初は理解を得られず、一度AV女優を引退させられた。しかし、もう一度AVの世界で誇りを持って働きたいという熱意・覚悟を伝えてAV女優復帰を認めてもらい、今では理解を得て働いている。

親にAV女優であることを打ち明けたのをきっかけとして、実家を出て一人暮らしを始めた。当初は反対していた両親も時間が経つごとに理解を示してくれるようになり、今では確定申告などのアドバイスをしてもらっている。

親としてすぐにAV女優の仕事を受け入れるのは難しい一方で、話し合いや時の経過によって、少しずつ理解を得て認めてもらえるケースもあります。

 

3-1.AV女優であることを親から理解してもらうためには?

AV女優であることを理解してもらうために最も重要なのは、親ときちんと話し合いを重ねることです。なぜAV女優として活躍しようと考えたのかはもちろん、AV女優として活躍したその先のビジョンもともに伝えましょう。

このとき、「ただ単純にお金が欲しいから」「興味のある仕事だったから」という漠然な理由ではなかなか理解してもらうことはできません。生涯続けられる仕事ではない分、自分の中の目標や区切りも出して、仕事に対する熱意や本気度を伝えることが大切です。

ただのお遊びでしているわけではなく、周りからどのような目で見られるかを十分に覚悟した上で選択した仕事であると伝えることで、親は「それだったら理解してあげよう」という気持ちにもなれるでしょう。

 

4.親にバレることなくAV女優として活動する方法

親にバレることなくAV女優として活動するには、いくつかの対策が必要です。ここでは、親にバレずにAV女優として働くための方法・対策を3つ紹介します。

・パブ規制

パブ規制とは「パブリック規制」の略であり、出演するAVの宣伝メディアについて、範囲を定めて規制することです。対象となるのはテレビや雑誌、新聞などの媒体であり、テレビであれば地上波・BS・CSのように細かく分けて規制できます。パブ規制を厳しくするほど親バレ防止には効果的ですが、その分知名度やギャラは上がりにくくなるのがデメリットです。

・メイクによるイメージの変更

AVの売上をアップさせるには、AV女優を美しく・可愛らしく映すことが不可欠です。そのため、AV撮影の現場ではプロのメイクスタッフやスタイリストが出演者のヘアメイクを担当しています。プロの技術によって普段とは異なるイメージのヘアメイクを施せば、見た目からバレる確率を下げられるでしょう。

・企画女優としての出演

AV界にはさまざまな働き方があります。中でも企画女優はAV作品のメインではなくエキストラ的な立場での出演となるため、もっともバレるリスクが少ないと言えます。作品のメインとして出演する単体女優と比較するとギャラは少なくなるものの、お小遣い稼ぎでバレずに働きたい人には向いているでしょう。

パブ規制とは?AV女優の身バレを対策するためのパブリシティ

 

まとめ

AV女優であることが親にバレる理由はさまざまですが、基本的に日々の行動に気を付けることで防ぎやすくなります。

また、AV女優の中には親公認で仕事を続けている方も多く存在します。そのため、たとえAV女優であることが親に知られてしまっても仕事を続けることは決して不可能ではありません。

とは言え、なるべく誰にもバレずにAV女優の仕事を続けたいという方も多いでしょう。そのような場合は、身バレ対策が万全なAVプロダクションへの所属が最もおすすめです。ここまでの内容を参考に、ぜひサポート体制の充実した「NAX」にご応募ください。

カテゴリ

LET’S

ENTRY!!

今すぐ応募する