Column

コラム

  1. コラム
  2. AV女優の本音を紹介|仕事でしんどくならないためのポイントも解説
投稿日: 更新日:

お悩み解決

AV女優の本音を紹介|仕事でしんどくならないためのポイントも解説

AV女優はカメラの前でセックスを演じ、視聴者を興奮させる仕事です。演じる仕事であることから、本音として感じている部分は画面には映りません。そのようなAV女優の本音には、楽しいところもあれば、しんどい・辛いと感じるところも存在します。これからAV女優として働きたい方の中には、AVからは見えないAV女優の本音を知りたい方もいるでしょう。

この記事ではAV女優のリアルな本音を6つ紹介するとともに、AV女優として働く中でしんどくならないためのポイントを解説します。

 

1.AV女優のリアルな本音6選

AV女優は性的なファンタジーを演じる仕事です。演じる中で、楽しい瞬間もあれば、しんどいと感じる瞬間もあります。撮影で行うセックスへの思いや演技に関することなど、画面には映らない本音が存在します。AV女優を目指している方は、事前に本音を知っておけば、より実際の仕事について想像しやすくなるでしょう。

AV女優が仕事をするにあたって抱いている本音を解説します。

AVプロダクション「NAX」のAV女優のお仕事内容についてはこちら

 

1-1.慣れたら撮影は恥ずかしくない

AV女優でない人やAV女優になりたての人の場合、人前でオナニーやセックスをするのに恥ずかしさを感じるでしょう。しかし、撮影の回数を重ねていくうちに慣れていくため、次第に恥じらいは消えていきます。

AV女優の中には初めからセックスをせず、まず脱がない普通の撮影から始め、その後水着やセミヌード、フルヌードへとシフトしていくケースもあります。露出度の低い撮影から行い、耐性をつけていけるため、恥ずかしさを過度に心配する必要はありません。

加えて、AVの業界で働くとなると、周囲で同じくAV女優として活躍する人をたくさん見かけることになります。プロ意識を持って堂々と演じているAV女優の人たちの姿を見れば、次第に恥ずかしさが薄まり、大胆に仕事できるようになるでしょう。

 

1-2.激しい肉体労働を行うので体力がいる

AV女優はセックスを見せることが仕事です。セックスは想像以上に体力を使う行為であり、体力づくりが必要になります。そのため、AV女優の中には本音として、自分を肉体労働者と考えている方もいます。

1人のAV女優が出演する撮影の本数は、月数本程度となるケースがほとんどです。一方で1本あたりの尺は長く、朝早くに撮影を開始し、夜遅くまで続くということも少なくありません。撮影中はセックスを行い続けるので、撮影後には激しく体力を消耗します。

スポーツなどを行った経験があれば、培った体力を有効に生かせるでしょう。ジムで運動や筋力トレーニングを行う、アウトドア活動をするなど、仕事のために体力作りを行うAV女優もいます。

 

1-3.オナニーシーンでは演技力が必要になる

オナニーのシーンは、単純にオナニーをしているだけではありきたりであまり面白くない印象を与えやすいことから、特に演技力が重要となります。仰向けになって行うスタンダードなものをひたすら続けるのでなく、以下のようにひと工夫見せるのが大切です。

  • 手と足をついて身体の後ろのほうから触る
  • 手を使わずにおもちゃを入れる
  • アドリブでセリフを入れる
  • 自分で自分自身の乳首を舐める(主に巨乳の場合)

視聴者に飽きられたりスキップされたりしないオナニーシーンを演じたいと思っているプロ意識の高いAV女優は、日常的に演技の練習を行っています。

AV女優が演技を練習する方法|練習するときのAVの選び方も解説

 

1-4.撮影日は休みがとりにくい場合がある

AV女優の仕事は、急な予定が入った際に休みにくい面があります。AVの撮影には、事前に撮影用のスタジオを確保したり、必要な道具を準備したりするなど、多くの準備が必要です。主役であるAV女優が休むことになれば撮影は行えなくなるため、金銭的にもスタッフの労力的にも負担が大きくなります。

体調不良などのやむを得ない理由の場合は仕方がないものの、できる限り予定を崩さないようにするのが大切です。スケジュール管理をしっかりと行えば、周囲のスタッフから信頼できるAV女優だと思ってもらえるでしょう。

 

1-5.激しいプレイは気持ちよくない

AVでは激しめのセックスを目にすることがたびたびありますが、実際のところ、激しいプレイはあまり気持ちよくないケースがほとんどです。慣れたAV女優にも、本音では痛い・苦しいと感じ、以下のようなプレイを避けたいと思う方がいます。

  • バックで強く突かれる
  • 胸を強く握られる
  • 膣に指を強く出し入れされる

ただし、激しいプレイは快感が得にくいと言っても、必ずしも仕事が辛いわけではありません。AV撮影の現場では普通、激しいプレイを撮影する場合でもAV女優が傷つかないよう配慮が行われます。AV男優や周囲のスタッフのきちんとしたフォローがある現場であれば、気持ちよく仕事ができるでしょう。

 

1-6.彼氏を作るなら包容力がある人がいい

恋愛をする場合、相手は包容力に満ちた人を選びたいと思うAV女優は多くいます。包容力のある人は、穏やかで相手に対する束縛が少ないという長所を持っています。仕事を行う上で彼女がほかの人に抱かれていても許容してくれるでしょう。

AV女優の仕事を許してくれない人を彼氏にすると、仕事について分かってもらえず喧嘩になったり、責められたりするようなトラブルにもつながりかねません。争いを防ぐために自分の仕事を隠せば、気付かれてトラブルになったり、大切なことを隠し通さねばならないというストレスに苦しんだりするケースもあります。

精神的に余裕があり、AV女優の仕事を理解してくれる彼氏であれば、トラブルに悩む必要もありません。AV女優として働くありのままを受け入れてくれる、包容力のある人を探しましょう。

AV女優の恋愛事情は?一般男性やスタッフとの恋愛は難しい?

AVプロダクション「NAX」のAV女優のお仕事の流れについてはこちら

 

2.AV女優がしんどくならないためのポイント

本音の部分を見てみると、AV女優として働く上でしんどい部分がないわけではないということが分かります。いくつかのポイントを意識して働けば、できる限りストレスなくAV女優の仕事を行っていけるようになるでしょう。特に知っておきたい3つのポイントについて解説します。

 

2-1.やりたくないプレイはNGにする

AV女優は、指示されたプレイをすべて行う必要はありません。現在のAV撮影現場では安全管理が重視され、撮影参加者への配慮が行われています。そのため、AV撮影では、痛い・苦しいと感じるプレイは事前にNGにすることが可能です。

プロダクション登録を行う際の面接や、メーカーとの打ち合わせなど、NGにしたいプレイを伝えられるシーンはいくつか存在します。無理に苦しいプレイを行っても、ストレスがたまってモチベーションが下がってしまうため、苦手なプレイは遠慮せず断りましょう。

 

2-2.優良なプロダクションに所属する

安心してAV女優の仕事に取り組みたい人は、適正AVを取り扱う優良なプロダクションに所属しましょう。適正AVとは、第三者機関によるチェックを経て認証されたAVのことです。チェックの内容は「契約内容に嘘がないか」「撮影を強要したり、拒否した内容を強制したりしていないか」など、参加者への人権配慮を確認するものです。適正AVは出演者の人権に配慮されており、AV女優にとって安心できる作品と言えます。

質の低いプロダクションを選ぶと、危険な仕事をさせられたり、お金に関するトラブルに巻き込まれたりするリスクが高まります。安全のため、AV女優を大切に扱う質の高いプロダクションに所属しましょう。

NAXは、適正AVプロダクションの1つです。出演する作品をAV女優が決められ、報酬も事前に開示されているなど、AV女優にとって安心感の高いプロダクションになっています。

 

2-3.相談できる相手を持つ

悩みを人に打ち明ければ、ストレスを解消できます。AV女優の仕事について気兼ねなく話題に出せる友人や、プロダクションの仲間を持つことが欠かせません。NAXには多数の女性スタッフが所属しているため、一般的な会社員をしている人や男性には伝えにくい悩みでも気軽に相談できるでしょう。

AVプロダクション「NAX」のAV女優のサポート体制についてはこちら

 

まとめ

AV女優にとって、慣れたら撮影は恥ずかしくありません。ただし、AV撮影は体力を使う仕事であり、本音では自分のことを肉体労働者と考えているAV女優もいます。また、撮影ではオナニーシーンで演技力が必要になる、激しいプレイは苦しく感じるため避けたいと思う方も多いです。また、撮影日には休みを取りにくい面があります。

AV撮影には楽しい点もしんどい点もありますが、しんどくないようにAV女優として働きたい方には優良な適正AVプロダクションへの所属がおすすめです。NAXは適正AVプロダクションであり、AV女優が働きやすいように手厚くサポートしています。

AVプロダクション「NAX」のAV女優のお仕事についてはこちら

カテゴリ

LET’S

ENTRY!!

今すぐ応募する